土地家屋調査士・行政書士「新井宏事務所」



トップページ 事務所案内 土地家屋調査士 行政書士 お問い合わせ よもやま話
 

 土地家屋調査士の業務

土地家屋調査士は不動産の表示の登記に必要な調査と測量を行い、登記の申請をするほか、筆界特定の申請等を行います。

「土地」

・土地表題登記 無地番の土地に地番をつける。道路や水路を買い受けた場合や公有水面を埋め立てた場合にする登記。

・土地滅失登記 土地が水没した場合等土地が亡くなった時に申請する。

・土地分筆登記 1筆の土地を2筆若しくは数筆に分割する。土地の一部を売買若しくは相続する等の場合に権利の登記の前に申請します。(従来は分割する土地のみを実測し、元地番の土地は差引計算で面積を確定していましたが、現在はすべての面積を実測しなければなりません。また求積法は座標法を用いることになっています。

・土地合筆登記 数筆の土地を1筆にする場合に申請します。

・土地地目変更登記 土地の利用目的が変更された場合には申請しなければなりません。農地を宅地にした場合等。

・土地地積更正登記 登記簿に記載されている面積が間違っていることが判明した場合には申請します。

・地図訂正申出 法務局保管の地図に間違いが発見された場合に申出します。

「建物」

・建物表題登記 建物を新築した時には申請しなければなりません。(未登記が発見された場合にも)

・建物滅失登記 建物を取壊した時、焼失した時、倒壊した時に申請します。

・建物表示変更登記 建物の所在、種類、構造に変更があった場合に申請します。増築した場合にも床面積の変更登記を申請しなければなりません。

・区分建物表題登記 一棟の建物が区分所有になる建物(マンション等)を新築した場合に申請します。

・その他分割登記、合併登記、合体登記等建物の状況によっていろいろな登記を行うことになります。

「その他」

・境界査定・筆界特定申請 境界が不明で所有者間に争いがあるときに、法務局により境界を特定してもらう制度です。




Copyright © 2008 土地家屋調査士・行政書士「新井宏事務所」 All rights reserved.
by 土地家屋調査士・行政書士「新井宏事務所」